現役高校生・大学受験生を応援する勉強法ブログ

勉強法ドットコム

やる気が出ると噂のインスタはこちら

センター数学は範囲ごとに潰す勉強法で!おすすめ参考書と問題集はこれだ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
もってぃー
暗黒の中学時代を反省して、高1のときに全力で勉強法を勉強。結果、高3の頃に総合学年10位台、数学・物理で学年1位をGET!身につけた勉強法に磨きをかけて、今は勉強を教えない学習塾STUDYBANKの塾長してます。塾だけじゃなくて、ブログやってたり、イベントやってたり、コミュニティ作ってたりと、いろいろ楽しみながら生きてます。

スポンサーリンク

 

センター数学でよくある勉強法は、「まず網羅系参考書を終わらせて、その後にマーク形式の問題集をやっていく」というもの。

センター数学に限らず二次試験に数学がある場合でも、「網羅系参考書を終わらせてから応用問題集」という流れが一般的ですね。

 

そんなに悪い流れじゃないんですが、「範囲ごとに潰していく」という勉強法で進めていくと、もっと効率よくセンター数学の点数を上げることができます。

 

今回の要点はこんな感じ。

センター数学の勉強法

  • 網羅系参考書を瞬殺する力を身につける
  • 範囲ごとに網羅系参考書→マーク形式問題集まで仕上げる
  • 必ずその日のうちに「何も見ずに完答」できるようにする
  • センター数学テクニックは最後の最後

 

それでは今回もじっくり読んでいってくださいね!!

 

センター数学は網羅系参考書を瞬殺できる能力を

センター数学の最重要ポイントは、「網羅系参考書のどの例題も瞬殺する能力」を身につけること!

網羅系参考書というのは、青チャートやフォーカスゴールド、基礎問題精講などの、大量の例題と解説が収録された参考書のことです。

 

さぁ、今すぐ網羅系参考書を手に取ってみてください。

そして適当にページを開いてみてください。

そして目に飛び込んできた「例題」を速攻で解いてみてください。

 

・・・できましたか?

 

センター数学で得点するためには、これが当たり前のようにできなければなりません。

網羅系参考書にある例題は、

  • どれも確実に、
  • 考える必要もなく、
  • 呼吸するかのように、

解ける力が必要です。

 

センター試験のほぼすべての問題は、網羅系参考書の例題だけで構成されています。

網羅系参考書の例題がすべて瞬殺できるレベルなら、それだけで7割は余裕で取れるはずです。

 

「網羅系参考書なら一通りやったけど、そんなに取れないよ?」って言うかもしれませんが、

  • どれも確実に、
  • 考える必要もなく、
  • 呼吸するかのように、

解くことができますか?

 

「センター数学がなかなか取れない」という人は、網羅系参考書の例題レベルでじっくり考え込んでしまっているはずです。

センター数学は、特別なひらめきや考える必要なんてなく、「そのときできることをやっていくだけで、いつの間にか完答できる」ような問題構成。

誘導に沿って例題パターンを当てはめていくだけでいいので、実はめっちゃ楽なんですね。

 

だから

  • 例題の抜けが多い
  • 例題レベルでじっくり考える

というレベルだと、センター数学の点数が伸び切らないんです。

 

まずは網羅系参考書の例題を瞬殺できるレベルを目指しましょう。

というか、これがすべて。

この状態が完成すれば、さっさテクニックを覚えて、ひたすら過去問演習していくことで、手堅く8割以上取れるようになってきます。

 

センター数学はやっぱり青チャート?

青チャートじゃなくても大丈夫!

網羅系参考書の代表といったら、やっぱり青チャートでしょう。

本格的にセンター数学対策をするとき、ほとんどの人が青チャートに手を出そうとします。

 

ですが青チャート、なんといっても量がエグい。

1A2B全問(統計範囲除く)合わせて、約700問近くです。

1日5問ペースで毎日進めても、一周終えるのに140日=約4.5ヵ月かかる計算。

それも、全例題を「瞬殺できるレベル」で完璧にするなら、もっともっと時間がかかります。

 

ですから中途半端に青チャートに手を出すよりも、それよりも問題数の少ない網羅系参考書、たとえば「基礎問題精講」などをおすすめします。

基礎問題精講なら、1A2Bの合わせて約320問。

1日5問ペースで進めると、64日=約2ヵ月で一周終わる計算になります。

 

青チャートの例題をボヤッと理解するよりも、基礎問題精講の例題すべてを完璧に理解した方が、センター数学で取れる点数は圧倒的に高くなります。

というかセンター数学程度のレベルであれば、むしろ青チャートはオーバーワークな勉強量でしょう。

黄チャートでも、センター数学対策としては多すぎる量だと思います。

 

ただし、やはり基礎問題精講よりも青チャートの方が問題の網羅性が高いので、時期・目標点・得意不得意・二次の有無で選ぶようにしてください。

中堅国公立レベルまでなら、網羅系参考書は基礎問題精講レベルで十分です。

その代わり、「どの例題も瞬殺できるレベル」が必須です。

 

網羅系参考書の知識をより確実に、長期的に蓄えるために、同時にマーク形式問題集を一冊用意しておいてください。

 

センター数学は範囲ごとに潰す勉強法で

センター数学は、「範囲ごとに潰していく」という勉強法がおすすめ!

多くの高校生は、網羅系参考書を一通り終わらせて、その後に過去問や応用問題集に移ります。

ですがこのやり方で進めた場合、網羅系参考書で最初に触れた範囲をほとんど忘れてしまっているんですよね。

 

そしてそもそも、

たとえば微分積分の問題を解くには二次関数の知識が必須ですが、二次関数の応用問題ができることを前提とした例題が大量にあります。

 

一番の理想は、

  1. 範囲ごとに基礎から応用まで一気に終わらせてしまい、
  2. 実践的な力まで身につけた状態で新しい範囲に着手する、

という進め方です。

 

そのために最初から、

  • 網羅系参考書
  • マーク形式問題集

の二冊を用意して、範囲ごとに「網羅系参考書→マーク形式問題集」という流れで進めていくことをおすすめします。

つまり、網羅系参考書で二次関数の例題パターンをすべて習得したら、そのままマーク形式の二次関数の問題に取り組む、という進め方です。

 

どういう順番で出題範囲を潰していくか

センター数学では、点数が取りやすい範囲、取りにくい範囲がかなり明確に分かれています。

また、教科書の進度に沿って勉強しても、軌跡と領域→三角関数→指数・対数→微積、といった具合で、関連性のない範囲がひたすら続くこともあります。

この通り勉強していっても、前に学んだ知識を使わないし、その都度毛色の違う知識を入れなきゃならないし、全然効率よくないんですよね。

数学が苦手だと、こういった現象が頻繁に起こっては困ります。

 

というわけで、おすすめの「潰す順番」を紹介しておきます。

以下の通りです。

この順番で潰していこう!

  1. 数と式(Ⅰ)
  2. 二次関数(Ⅰ)
  3. 式と証明(Ⅱ)
  4. 複素数と方程式(Ⅱ)
  5. 微分法(Ⅱ)
  6. 積分法(Ⅱ)
  7. 図形と計量(Ⅰ)
  8. 図形と方程式(Ⅱ)
  9. 三角関数(Ⅱ)
  10. ベクトル(B)
  11. 指数関数と対数関数(Ⅱ)
  12. 数列(B)
  13. データの分析(Ⅰ)
  14. 整数の性質(A)
  15. 場合の数と確率(A)
  16. 図形の性質(A)

 

網羅系参考書の使い方

網羅系参考書は、例題だけ完璧にすればOK!その代わり、「例題を見た瞬間に、手が動き、ノンストップで完答できる」というレベルまで持っていこう!

実践では、例題パターンを組み合わせるというイメージが必要だから、網羅系参考書の例題ごときで頭を使っているようじゃまだまだです。

網羅系参考書の例題は、

  • どれも確実に、
  • 考える必要もなく、
  • 呼吸するかのように、

解けるレベルを目指してください。

 

例題の取り組み方

網羅系参考書の例題は、以下の順序で行いましょう。

  1. 問題文を読む
  2. 1分考えて何もできなければ、真下のヒントを読む
  3. ヒントを読んで4分何もできなければ、解説を読む
  4. 何かできたとしても、合計で10分以上かかるようなら、さっさと解説を読む
  5. これでもかというくらい、上から一行一行じっくりと読み込む

解説を上から順に読んで、意味の分からない文章や数式があれば、質問するなどして必ずその日のうちに理解してください。

そもそも「解説を上からじっくり読み込んで理解できない部分がある」ということは、「それ以前の範囲で理解が不足しているモノがある」ということです。

これが続くのは明らかな危険信号なので、もっと自分に厳しくしていく必要があります。

 

解説が理解できたら、すぐにもう一度解き直してみます。

最初は解説をカンニングしながら解いても構いません。

ですがその日のうちに必ず一回は、「何も見なくても解けた」という状態を作ってください。

この状態を一日でも作れなかったら、いつまで経っても定着することなんてありません。

 

めっちゃ大事なことなのでもう一回言っておきます。

必ずその日のうちに、何も見なくても解けた、という状態を一回でもいいから作ること。絶対に。マジで。

 

章末問題は飛ばしてOK

網羅系参考書の章末問題は飛ばしてOK。

例題をマスターしたくらいでは解けない入試問題とかがウジャウジャあるので、今の時点ではかなりのオーバーワークになります。

太刀打ちできない可能性の方が高いし、やる気が下がる原因にもなるので、この時点では例題パターンの習得に尽力しましょう。

 

オススメ教材:基礎問題精講

マーク形式問題集の使い方

網羅系参考書とマーク形式問題集は交互に使っていこう!

ひとつの範囲が網羅系参考書で終わったら、そのままマーク形式問題集で同じ範囲の実践問題に取り組んでいきましょう。

 

このタイミングでマーク形式に触れる目的は、

  • 習得した例題パターンを網羅的に活用・復習すること
  • 例題パターンを使った応用問題に触れること
  • 上記を通して、一気に長期記憶まで引き上げること

だと思っておいてください。

 

数学のマーク形式問題は、知識をまんべんなく活用する問題構成となっています。

よく「センター数学ができても二次はできない」と言われますが、覚えた公式の使い方や使いタイミングを学んだり、網羅的に復習したりするにはこの上ない良質な教材となってくれるんです。

 

マーク形式問題集の取り組み方

マーク形式問題集は以下のように進めていきましょう。

  1. 何も見ずに解く
  2. これ以上解けない、分からないというところで、さっさと解説を読む
  3. 上から順にじっくりと、一行一行丁寧に読み込む

 

もちろん解説で理解できない部分があったら、絶対にその日のうちに解決すること。

そして必ずその日のうちに解き直し、全問正解できるようにしておいてください。これも絶対。

 

 

本当に大事で、みんな甘く見てる部分なので、しつこいけどもう一回言っておくね。

必ずその日のうちに、「全問正解した」っていう状態を一回でいいから作ること。

これができていないと、いつまで経っても定着しないから。

 

ただし問題によっては、最後の空白が異常に難しい場合があるの、ケースバイケースで対応するようにしましょう。

「これって難しい問題なのかな?解けなくてもいいのかな?」と疑問に思ったときは、学校や塾の先生に尋ねてみるといいですね。

 

定期的にこれまで学んだ全範囲のマーク形式問題を解く

ある程度の範囲が終わったら、模試形式でマーク形式問題をまとめて解く時間を作りましょう。

過去に解いた模試や予想問題集などを使って、今まで学んだことを網羅的に復習します。

最終的には週一のペースで、1A・2Bの模試(形式の問題)を一回解く習慣を作ってください。

 

オススメ問題集①:マーク式基礎問題集数学


範囲ごとに問題が分けられているので、網羅系参考書と交互に使っていく教材としておすすめです。

 

オススメ問題集②:マーク式総合問題集数学

模試形式の問題が7回分収録されています。一定の範囲が終わってから定期的に触れる教材としておすすめです。

 

センター数学用のテクニックを習得する

ダメ押しで、センター数学用のテクニックを習得しておこう!!

網羅系参考書の内容を一通りマスターしたら、センター数学特有のテクニックを習得していきましょう。

 

センター数学は問題数に対して、時間がとにかく短いです。

特にⅡBは本当に時間が足りない。

ですからセンター数学で高得点を取るためには、センター数学特有のテクニックを習得し、解答時間をどんどん短縮していくことが求められます。

最後のダメ押しですね。

 

ただしセンター数学のテクニックは、必ず例題パターンをマスターしてから学習するようにしてください。

センター数学のテクニックは、使える範囲がかなり制限されています。

テクニックだけを中途半端に知っていると、思わぬ失点につながることも珍しくありません。

というか、だいたい痛い目に遭います。

 

網羅系参考書&マーク形式問題集の組み合わせだけでも、7~8割は安定します。

センター数学テクニックを習得するのであれば、特に意識することなく7~8割が取れてからが望ましいでしょう。

 

オススメ参考書:センター試験必勝マニュアル

おすすめの参考書・問題集まとめ

最後に、記事内で紹介したオススメ参考書・問題集をまとめて紹介しておきます!!

  • 基礎問題精講
  • マーク式基礎問題集数学
  • マーク式総合問題集数学
  • センター試験必勝マニュアル

 

この記事を書いている人 - WRITER -
もってぃー
暗黒の中学時代を反省して、高1のときに全力で勉強法を勉強。結果、高3の頃に総合学年10位台、数学・物理で学年1位をGET!身につけた勉強法に磨きをかけて、今は勉強を教えない学習塾STUDYBANKの塾長してます。塾だけじゃなくて、ブログやってたり、イベントやってたり、コミュニティ作ってたりと、いろいろ楽しみながら生きてます。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 勉強法ドットコム , 2018 All Rights Reserved.