現役高校生・大学受験生を応援する勉強法ブログ

勉強法ドットコム

やる気が出ると噂のインスタはこちら

青チャートのエクササイズをやらない方がいい理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -
もってぃー
暗黒の中学時代を反省して、高1のときに全力で勉強法を勉強。結果、高3の頃に総合学年10位台、数学・物理で学年1位をGET!身につけた勉強法に磨きをかけて、今は勉強を教えない学習塾STUDYBANKの塾長してます。塾だけじゃなくて、ブログやってたり、イベントやってたり、コミュニティ作ってたりと、いろいろ楽しみながら生きてます。

スポンサーリンク

 

青チャートをはじめとした網羅系参考書の目的は、「例題パターンの習得」です。

それ以上でも、以下でもありません。

 

ですから青チャートの各章末にある「エクササイズ」という応用問題、これは無視することをオススメします。

 

青チャートのエクササイズをやらない方がいい理由

青チャートは受験数学のバイブル!だけど…

青チャートは、入試数学の基盤を整えるのに最適な教材です。

分厚すぎ、問題多すぎという欠点は気になりますが、高校2年生くらいから本格的に受験対策するのであれば、十分許容できる点です。

「青チャートの例題パターンをすべて瞬殺できるレベル」に到達すれば、センター試験、中堅国公立大学の入試レベルなら、平均点以上は超余裕で得点できます。

 

まさに「受験数学のバイブル」ともいえる、超優秀な教材です。

 

(あ、でも、黄チャートもフォーカスゴールドも、超優秀な網羅系参考書です。

青チャートが群を抜いて有名なだけで、網羅系参考書=受験数学のバイブル、だと思っておいて間違いありません。

以下も網羅系参考書全般にいえる話になりますが、代表格の青チャートを元に話を進めます。)

 

しかし、ことエクササイズに関していえば、「蛇足」といえるようなモノです。

 

エクササイズの解説は不親切

青チャートのエクササイズは、どれも入試問題をベースに作られています。

それなりの難易度の問題が揃っていて、「青チャートの例題パターンを理解した程度」のレベルでは太刀打ちできない可能性の方が高いです。

 

それに加えてエクササイズの解答は、「青チャートの例題パターンを理解した程度」のレベルでは理解しきれないような書き方をされています。

ほとんど数式ばかりで、

  • どうしてその考え方をするのか
  • どうしてその公式を使うのか
  • どうしてそのグラフをかくのか

という、応用問題を解くために必要なプロセス(過程)の解説がごっそり省略されているんです。

 

解説が理解できない教材は使うだけムダですから、「青チャートで受験勉強している人」にとって、青チャートのエクササイズはやるだけムダな問題になります。

 

応用問題に特化した教材を使う

青チャートのエクササイズに着手するとしたら、「青チャートの例題パターンが瞬殺できるレベル」に到達してからです。

しかし上述した通り、青チャートのエクササイズの解答は、応用問題を解くために必要なプロセスの解説がごっそり省略されています。

 

例題パターンの習得が完了したら、次に「複雑な問題の考え方」を養う必要があります。

それなのに、プロセスが省略されている解答を使っていてもは、肝心の「考え方」が理解できません。

ですから青チャートのエクササイズは、「青チャートの例題パターンを習得した後」でも、やはりやるだけムダな勉強になってしまいます。

 

青チャートの例題パターンを習得した後は、応用問題に特化した教材を使いましょう。

応用問題に特化した教材は、「複雑な問題の考え方」を養うことを目的としていますから、解説にはプロセスが丁寧にまとめられています。

 

応用問題に特化したオススメ教材は以下の通りです。

 

オススメ教材①:入試の核心

オススメ教材②:標準問題精講

それでも青チャートは最高の教材!

ここまででしつこく述べてきた通り、青チャートの目的は「例題パターンを習得すること」です。

この目的のためであれば、青チャートはやはり最高の教材です。

 

エクササイズも頭ごなしに否定するわけではなく、「青チャートのエクササイズよりも、もっと適切な教材がある」ということだと思ってください。

ぶっちゃけ数学が得意な人であれば、青チャートのエクササイズの解説もすんなり理解できますし。

まぁ、そういう人はそもそも、青チャート自体そこまで真剣にやらないでしょうけどね。

 

大事なのは、「網羅系参考書」と「応用問題集」はきっちり分けましょう、ってことです。

それぞれの教材の良いとこ取りをしていけばいいんです。

 

受験勉強は限られた機関での勝負になるんで、どんどん効率的なことをしていきましょう!

 

ちなみに青チャートの使い方は、以下の記事で詳しく紹介しています。

 

それでは、今回はここまで!

この記事を書いている人 - WRITER -
もってぃー
暗黒の中学時代を反省して、高1のときに全力で勉強法を勉強。結果、高3の頃に総合学年10位台、数学・物理で学年1位をGET!身につけた勉強法に磨きをかけて、今は勉強を教えない学習塾STUDYBANKの塾長してます。塾だけじゃなくて、ブログやってたり、イベントやってたり、コミュニティ作ってたりと、いろいろ楽しみながら生きてます。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 勉強法ドットコム , 2018 All Rights Reserved.