現役高校生・大学受験生を応援する勉強法ブログ

やる気が出ると噂のインスタはこちら

LINE講座好評配信中!


LINEで『受験勉強の始め方』を無料配信しています(*^^*)
お気軽に友だち追加してくださいませ!

友だち追加

受験数学の応用問題集は2パターンあり!チャートか基礎問題精講かを要チェックせよ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
もってぃー
暗黒の中学時代を反省して、高1のときに全力で勉強法を勉強。結果、高3の頃に総合学年10位台、数学・物理で学年1位をGET!身につけた勉強法に磨きをかけて、今は勉強を教えない学習塾STUDYBANKの塾長してます。塾だけじゃなくて、ブログやってたり、イベントやってたり、コミュニティ作ってたりと、いろいろ楽しみながら生きてます。

スポンサーリンク

 

受験数学の応用問題集は、慎重に選ばなければなりません。

特に基礎固めが終わった直後だと、ほとんどの応用問題集が「レベルが高すぎる」という状態です。

応用とはいえ、最初から「解説も理解できないレベル」の問題集に手を出しても効果はありません。

 

というわけでこのページでは、「受験数学の応用問題集のオススメパターン」を解説していきます。

スポンサーリンク

受験数学の教材・問題集フローチャート

最初に今回の要点のフローチャートをどうぞ!

 

網羅系参考書は何を使ったか

チャート系か基礎問題精講系かでパターンが変化する!

受験数学の応用問題集を選ぶときには、「基礎固めの段階で、どの網羅系参考書を使ったか」が大きなポイントとなります。

 

網羅系参考書には、

どちらの網羅系参考書を使ったかチェック

  • 「基礎問題精講」のような薄めの網羅系参考書
  • 「チャート」のような分厚い網羅系参考書

の2パターンが挙げられます。

 

ほとんどの人は、後者の「チャート式」や「フォーカスゴールド」といった分厚い網羅系参考書を使っています。

このような分厚い網羅系参考書をマスターしている場合は、応用問題を解くために必要な「例題パターン」を一通り習得しているといえます。

その場合は、そのまま応用問題集に移っても構いません。

 

中には前者の「基礎問題精講」のような、薄めの網羅系参考書を使っている人もいるでしょう。

実際このサイトでも、数学が苦手な人や時間が限られている人には、「基礎問題精講」を網羅系参考書としてオススメしています。

 

「基礎問題精講」は非常によくできた教材です。

基礎問題精講の1A・2Bだけで、マーク試験を20点/200点から140点/200点まで引き上げた教え子もいます。

センター試験・大学入学共通テストレベルなら、基礎問題精講だけで「例題パターン」は十分でしょう。

 

ただ個別試験でも数学が必要な場合は、基礎問題精講だけでは「例題パターン」が不足しています。

そのため応用問題集に取り組む前に、「例題パターン」の補充をしておかなければなりません。

 

基礎問題精講系のあとは必ず「1対1対応」で解法補充を!

基礎問題精講だけでは例題パターンが足りない!

基礎問題精講などの薄めの網羅系参考書を使っていたのなら、応用問題集に移る前に、『1対1対応の演習』シリーズで「例題パターン」を補充しましょう。

 

イメージとしては、

基礎問題精講+1対1対応の演習≧青チャート

という感じ。

 

基礎問題精講1冊では青チャート遠く及びません。

ですが基礎問題精講の後に1対1対応の演習をすることによって、青チャートと同じレベル、場合によっては「青チャート以上のレベル」を習得することができます。

 

  • 個別試験で数学が必要で、
  • 網羅系参考書は「基礎問題精講系」を使っていた

のであれば、基礎問題精講系のあとに必ず『1対1対応の演習』に取り組んでください。

 

スポンサーリンク

チャートレベルになったら応用問題集へGO!

最初の応用問題集は『入試の核心』でOK!

  • チャートなどの分厚い網羅系参考書が完了した
  • 基礎問題精講→1対1対応が完了した

のであれば、応用問題集へ移りましょう。

 

受験数学の応用問題集といえば、

  • 『入試の核心』シリーズ
  • 『プラチカ』シリーズ

が有名所ですが、基礎固めが終わった直後なら『入試の核心』シリーズをオススメします。

『理系数学 入試の核心 標準編』

『文系数学 入試の核心』

 

『入試の核心』も『プラチカ』もどちらも良い問題集ですが、『プラチカ』の方は解説がやや不親切なんです。

「不親切」といっても悪い意味ではなく、「基礎固めが終わったばかりの人にとって、解説のレベルが高い」という意味。

「プラチカでわからない問題があって、解説を読んでみたら、解説もよくわからなくて進まない」という状況になることも珍しくありません。

 

それに対して『入試の核心』の方は、解説がめちゃくちゃていねい。

基礎固めが終わったばかりでも、十分ひとりで読み進めていけるレベルです。

 

『入試の核心』が終わって「もっと応用問題が解きたい」という場合に、

へと移りましょう。

『理系数学の良問プラチカ 数学3』

『文系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B』

 

最後に

最後に今回の要点をまとめておきます!

どちらの網羅系参考書を使ったかチェック

  • 「基礎問題精講」のような薄めの網羅系参考書
  • 「チャート」のような分厚い網羅系参考書

1対1対応の演習について

  • 個別試験で数学必須&基礎問題精講を使っていたなら『1対1対応』をすること
  • 基礎問題精講+1対1対応の演習≧青チャート

 

問題集のフローチャート

この記事を書いている人 - WRITER -
もってぃー
暗黒の中学時代を反省して、高1のときに全力で勉強法を勉強。結果、高3の頃に総合学年10位台、数学・物理で学年1位をGET!身につけた勉強法に磨きをかけて、今は勉強を教えない学習塾STUDYBANKの塾長してます。塾だけじゃなくて、ブログやってたり、イベントやってたり、コミュニティ作ってたりと、いろいろ楽しみながら生きてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 勉強法ドットコム , 2019 All Rights Reserved.