現役高校生・大学受験生を応援する勉強法ブログ

やる気が出ると噂のインスタはこちら

LINE講座好評配信中!


LINEで『受験勉強の始め方』を無料配信しています(*^^*)
お気軽に友だち追加してくださいませ!

友だち追加

【保存版】数学を大学受験の得点源にする勉強法講座

 
この記事を書いている人 - WRITER -
もってぃー
暗黒の中学時代を反省して、高1のときに全力で勉強法を勉強。結果、高3の頃に総合学年10位台、数学・物理で学年1位をGET!身につけた勉強法に磨きをかけて、今は勉強を教えない学習塾STUDYBANKの塾長してます。塾だけじゃなくて、ブログやってたり、イベントやってたり、コミュニティ作ってたりと、いろいろ楽しみながら生きてます。

スポンサーリンク

 

このページでは、

  • 数学なんてできる気がしない!
  • 受験数学って何から手をつければいいの?
  • 大学受験で数学を得点源にしたい!

と悩む大学受験生に向けて、「大学受験で数学を得点源にする勉強法」をまとめています。

 

中学数学レベル~入試実践レベルまで、どんな教材をどうやっていけばいいのか、ステップに分けて詳しく解説しています。

 

中学数学からやり直したい人はステップ0から。

「これから受験数学をガチっていくぞ!」という人は、ステップ1から読み進めてください。

 

なおこのページでは、それぞれの要点も抜き出して掲載しています。

一度読んだ記事の復習に活用してください。

 

ぜひこのページを、あなたの数学の学習にお役立てください!

このページには何度も戻ってくるので、このページをお気に入り登録しておくとラクチンです(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

ステップ0:中学数学の計算・関数範囲を理解する

この記事の要点

復習すべき範囲

【中学1年】

  • 正負の数
  • 文字式
  • 方程式
  • 関数(比例・反比例)

【中学2年】

  • 式の計算
  • 連立方程式
  • 1次関数

【中学3年】

  • 多項式
  • 平方根
  • 2次方程式
  • 関数(2次関数)
  • 三平方の定理

高校数学に必要な力

  • 基礎的な計算力
  • グラフに関する力

 

ステップ1:例題パターンを習得する

この記事の要点

青チャートの使い方

  • 目的は例題すべてを瞬殺できるにすること
  • 赤ペンで○×チェックをつける
  • 練習問題は解いても解かなくてもOK
  • エクササイズはやるな
  • 解説が理解できなかったら別の教材を使う

例題の取り組み方

  1. 問題を読む
  2. 1分間何もできなかったら、指針(ヒント部分)を読む
  3. さらに4分間何もできなかったら、解説を読む
  4. 解説を理解する
  5. 何も見ずに解答を再現できるまで解き直す

 

チャートの使い方について、以下の記事も参考にしてください。

 

ステップ2:数学の授業の使い方を考える

この記事の要点

今回の要点

  • 授業は本質的に非効率
  • 数学の教科書は神
  • 教科書ガイドがあれば無双
  • 数学は教科書内職が最強

この記事の要点

数学の授業を活かすために

  • 予習
  • 授業中
  • 授業直後
  • 復習

数学の予習の目的

  • わからない新出語句を把握すること
  • わからない既出語句を理解すること
  • 例題のわからない点を把握すること

数学の授業の目的

  • 予習でわからなかった部分を理解すること
  • 「何がわからないか」を明確にすること

授業直後のひと手間

  • 予習時点でわからなかったことが解決したか
  • 授業中に理解したことを、授業直後も覚えているか

授業が終わった日のうちに

  • わかるべきタイミングで、
  • わからないと判断したものは、
  • その日のうちに解決する

復習でやること

  • 例題を完璧にする

スポンサーリンク

ステップ3:応用問題集への接続

この記事の要点

どちらの網羅系参考書を使ったかチェック

  • 「基礎問題精講」のような薄めの網羅系参考書
  • 「チャート」のような分厚い網羅系参考書

1対1対応の演習について

  • 個別試験で数学必須&基礎問題精講を使っていたなら『1対1対応』をすること
  • 基礎問題精講+1対1対応の演習≧青チャート

 

ステップ4:応用問題集で「試行力」を磨く

この記事の要点

数学の応用力をつけるために

  • 『思考力』より『試行力』
  • 「例題パターンを引き出す」というイメージ
  • 筋トレと同じで、試行力は誰でも鍛えられる

応用力をつける前の確認ポイント

  • 網羅系参考書は完璧か

網羅系参考書の完璧の基準

  • 網羅系参考書を手に取り、
  • 適当なページを開き、
  • 目に入った例題をノンストップで完答できる

応用力をつける勉強の流れ

  1. 入試レベルの問題を使う
  2. どんなに分からなくても15分は試行する
  3. 15分経ったら解説を読み込む
  4. 解答の流れを確認する
  5. 時間を測って解き直す

この記事の要点

入試の核心とプラチカの特徴

  • 入試の核心は「コンパクト」で「解説がわかりやすい」
  • プラチカは「網羅性」があって「解説がサッパリ」

プラチカⅢに手を出す条件

入試の核心の注意点

  • 「標準編→難関大編」はNG!
  • 「入試の核心 難関大編」は異次元レベルの難しさ
  • 「入試の核心→プラチカⅢ」のルートで行くこと

この記事を書いている人 - WRITER -
もってぃー
暗黒の中学時代を反省して、高1のときに全力で勉強法を勉強。結果、高3の頃に総合学年10位台、数学・物理で学年1位をGET!身につけた勉強法に磨きをかけて、今は勉強を教えない学習塾STUDYBANKの塾長してます。塾だけじゃなくて、ブログやってたり、イベントやってたり、コミュニティ作ってたりと、いろいろ楽しみながら生きてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 勉強法ドットコム , 2019 All Rights Reserved.