現役高校生・大学受験生を応援する勉強法ブログ

やる気が出ると噂のインスタはこちら

YouTube配信中!

【大学受験】「漢文ヤマのヤマ」の使い方を解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
もってぃー
暗黒の中学時代を反省して、高1のときに全力で勉強法を勉強。結果、高3の頃に総合学年10位台、数学・物理で学年1位をGET!身につけた勉強法に磨きをかけて、今は勉強を教えない学習塾STUDYBANKの塾長してます。塾だけじゃなくて、ブログやってたり、イベントやってたり、コミュニティ作ってたりと、いろいろ楽しみながら生きてます。

スポンサーリンク

 

漢文は、古文文法の知識が入っていれば、短期間で得点源にできる穴場科目。

ニガテ意識があったとしても、その気になれば2~3週間程度で、ゼロからセンター・共通テストレベルの力を身につけることができます。

 

このページではその基盤となる参考書、『漢文ヤマのヤマ』の目的・使い方について解説します。

 

スポンサーリンク

漢文ヤマのヤマの目的・使い方

漢文の基盤はこの1冊で完璧!

『漢文ヤマのヤマ』は、ゼロ~共通テストレベルまでの必須知識(=句法)を習得することが目的の参考書。

この一冊さえマスターしてしまえば、漢文を読むための基礎力はバッチリです。

『漢文ヤマのヤマ』の目的

  • ゼロから共通テストレベルの漢文知識を習得する
  • 漢文を読むための基礎力を習得する

 

漢文ヤマのヤマの使い方

漢文ヤマのヤマは周回前提の参考書です。

  • 基本句法を理解するための「66の漢文句法」パート
  • 演習するための「センターヤマのヤマ」パート

の2つがメインパートであり、前者の「66の漢文句法」パートをどれだけ固められるかがポイント。

 

具体的には以下の流れで使っていきましょう。

『漢文ヤマのヤマ』の使い方

  1. 「66の漢文句法」を1周
  2. 例文音読・演習ドリルを周回
  3. 「センターヤマのヤマ」パートで演習
  4. 別冊で例文音読を繰り返す

 

それでは、詳しい流れを解説していきます。

 

ステップ①:「66の漢文句法」を1周

まずは1周通読しよう!

まずは「66の漢文句法」パートを1周します。

「66の漢文句法」パートでは、以下のように見開きで1つの句法を扱っています。

まずは右ページの例文を10回以上音読します。

読み方(=書き下し文)は例文の真下に書いてあるので、参考にしましょう。

例文だけで(読み方を見ないで)音読できるようになればOK。

そのまま「ヤマを講義」部分の解説を読み、続けて左ページに移ります。

 

左ページでは、その句法を実際に使った「演習ドリル」が用意されています。

まずは自分の力で問題を解いてみます。

解き終わったら真下の解説を読んで、解き直しましょう。

全問正解できるようになったらOK。

 

例題の理解まで終わったら、この単元は終了です。

 

量は多くありませんし、解説も非常にていねいなので、1単元あたり20分もあれば終わります。

はやい人だと10分もかからないかもしれません。

 

1日6~10単元のペースで、サクッと66単元終わらせてしまいましょう。

 

「66の漢文句法」を1周

【目安期間】7~11日間

  1. 例文10回音読
  2. 「ヤマを講義」の解説を読む
  3. 演習ドリルを自力で解く
  4. 解説を読んで解き直す

 

ステップ②:例文音読・演習ドリルを周回

周回して句法を頭に叩き込んでいこう!

「66の漢文句法」パートが1周終わったら、次は「66の漢文句法」パートの周回に入ります。

周回するのは、

  • 例文
  • 演習ドリル

 

の2箇所、下の赤枠部分になります。

例文は必ず音読してください。

英語と同じです。

読めないモノは覚えられませんし、定着もしません。

 

2周目以降の演習ドリルは、○×式で解いていきましょう。

○×式のやり方

  • 問題集に「直接」○△×を書き込む
  • ○△×は「赤ペン」で書き込む
  • 何も見ずにスラスラ解けたら「○」を書き込む
  • 凡ミスがあったり、解けたけど自信がない場合は「△」を書き込む
  • やり方が間違っていた・わからなかった場合は「×」を書き込む

○×式の詳しいやり方は、【大学受験】コスパが良い問題集の使い方!○×式のルールを徹底しようで解説しています。

 

○×式に従って、すべての問題で「○が2個連続で並ぶ」状態になったら、「66の漢文句法」パートの役目は終了です。

何度も周回することになりますが、やはり量自体はたいしたことないので、思ったよりも早く終わるでしょう。

1周目でちゃんと理解していれば、2時間で10~30単元は進められます。

 

例文音読・演習ドリルを周回

【目安期間】7~12日間

  • 例文音読10回
  • 演習ドリルを○×式で解く
  • すべての問題で「○が2個連続で並ぶ」状態まで周回する(目安は5周程度)

 

ステップ③:「センターヤマのヤマ」パートで演習

覚えた知識を実践形式で使ってみよう!

「66の漢文句法」を覚えたら、「センターヤマのヤマ」パートで演習してみましょう。

問題は5回分あります。

それぞれ20分の制限時間で解いてみてください。

 

解き終えたら解答・解説を読み、

  • 何が間違っていたのか
  • どこが読めていれば正解できたのか

を必ず確認して、本文を見ながら解き直しましょう。

 

解き直しが終わったら、本文を10回音読します。

古文・漢文どちらでもいえることですが、古典の音読を甘く見ている高校生は多いです。

 

何度も言いますが、「読めないモノは覚えられないし、定着しない」のです。

 

欠かさず音読し、本文の意味を掴んだら終了。

問題、解答・解説、本文音読、意味把握まで合わせて60~90分程度で終わります。

 

「センターヤマのヤマ」パートで演習

【目安期間】5日間

  1. 問題を解く
  2. 解答・解説確認
  3. 本文音読10回
  4. 意味把握

 

ステップ④:別冊で例文音読を繰り返す

最後の仕上げは音読!ここでサボらなければ相当レベルが上がります!

『漢文ヤマのヤマ』には別冊付録として、「66の漢文句法」の例文一覧がついています。

最後の仕上げとして、これらの例文を1日10回ずつ音読しましょう。

全部で66個ありますから、1日で合計660文音読することになりますが、思ったより時間はかかりません。

40~60分程度で一通り音読が完了します。

 

音読しながら、

  • 「この例文はこんな意味だ」
  • 「この例文ではこの句法が使われている」

といった部分にも意識を向けてください。

5日間ほど音読すれば、意味や句法がイメージできるようになっているでしょう。

 

別冊で例文音読を繰り返す

【目安期間】5日間

  • 別冊付録で例文音読10回×66個

 

以上で『漢文ヤマのヤマ』の役割は終了です。

漢文をさらに引き上げたい人は、続けて『漢文早覚え速答法』へ移ることをおすすめします。

 

最後に

最後に今回の要点をまとめておきます!

『漢文ヤマのヤマ』の目的

  • ゼロから共通テストレベルの漢文知識を習得する
  • 漢文を読むための基礎力を習得する

『漢文ヤマのヤマ』の使い方

  1. 「66の漢文句法」を1周
  2. 例文音読・演習ドリルを周回
  3. 「センターヤマのヤマ」パートで演習
  4. 別冊で例文音読を繰り返す

「66の漢文句法」を1周

【目安期間】7~11日間

  1. 例文10回音読
  2. 「ヤマを講義」の解説を読む
  3. 演習ドリルを自力で解く
  4. 解説を読んで解き直す

例文音読・演習ドリルを周回

【目安期間】7~12日間

  • 例文音読10回
  • 演習ドリルを○×式で解く
  • すべての問題で「○が2個連続で並ぶ」状態まで周回する(目安は5周程度)

「センターヤマのヤマ」パートで演習

【目安期間】5日間

  1. 問題を解く
  2. 解答・解説確認
  3. 本文音読10回
  4. 意味把握

別冊で例文音読を繰り返す

【目安期間】5日間

  • 別冊付録で例文音読10回×66個

この記事を書いている人 - WRITER -
もってぃー
暗黒の中学時代を反省して、高1のときに全力で勉強法を勉強。結果、高3の頃に総合学年10位台、数学・物理で学年1位をGET!身につけた勉強法に磨きをかけて、今は勉強を教えない学習塾STUDYBANKの塾長してます。塾だけじゃなくて、ブログやってたり、イベントやってたり、コミュニティ作ってたりと、いろいろ楽しみながら生きてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 勉強法ドットコム , 2019 All Rights Reserved.